安倍昭恵夫人は病気?大分旅行は発達障害やADHDの症状のせい?【文春】

安倍昭恵は病気?大分旅行は発達障害やADHDのせい?

安倍晋三首相の嫁、昭恵夫人が3月中旬に大分県を旅行していたと話題です。

昭恵夫人が旅行をした3月15日はなんと、安倍首相が新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日とのこと。

3月中旬といえばすでに国内中もコロナウイルスと戦うための自粛ムードが十分にただよっていた頃ですよね。

ほんわか天然ぽい雰囲気の昭恵夫人ではありますが、実は発達障害などの傾向があるのでしょうか?

ネットの反応もあわせてまとめました。

安倍昭恵夫人の大分旅行報道がヤバイ!【文春】

安倍晋三首相の嫁、昭恵夫人の大分旅行を報道したのはスキャンダル記事でおなじみの文春です。

 

記事によると昭恵夫人が大分旅行をした理由はなんと、「コロナで予定が全部なくなったのでどこかへ行こうと思ったため」とのこと。

安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分に旅行し、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

昭恵夫人は、同行者に「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」と語っていたという。

 

えっ?えっ?

見間違いかと読み返した人もいるのではないでしょうか?

施設などの営業自粛は3月初旬頃からすでに始まっていたと思います。

昭恵夫人が大分に行かれた3月15日頃もばっちり自粛ムードの真っただ中だったはず。

そんな中大分へ旅行に行ってた昭恵夫人。

大分では「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称する医師、松久正氏さんが主催するツアーに参拝だけ合流したことが報じられています。

その姿を目撃した人が言うには、昭恵夫人はマスクもつけず、人目も気にせず、感染予防に気を遣うこともない様子だったのこと。

「この時期なので境内を歩く人はまばらなのですが、その中で、ほとんどの人がマスクをつけていない団体が境内を歩いていたのです。

しかも、よく見ると先頭に立っていたのはノーマスクの昭恵夫人
無警戒さに驚きましたね」(目撃者)

「最近はコロナ対策で、祈祷の際にも間隔を空けて着席するグループが多いのですが、昭恵さんたちは密着しており、警戒しているそぶりはなかったそうです」(大分県関係者)

 

自由奔放、天真爛漫などとこれまでも言われてきた昭恵夫人ですが、さすがに今回の旅行報道には驚いた人も多いと思います。

普通の人なら前々から決めていた旅行ですら行くのをためらう状況で、「予定がなくなったから」と旅行を入れてしまう昭恵夫人は何か病気でもあるのでしょうか?

▼【関連記事】昭恵夫人と旅先で合流したのはこの人!!

ドクタードルフィンは悪評で怪しい?効果なし?松久正の経歴や顔画像も!ドクタードルフィンは悪評で怪しい?口コミや松久正の経歴・顔画像も!
スポンサーリンク

安倍昭恵夫人は病気?大分旅行は発達障害やADHDのせい?

安倍晋三首相の嫁という立場をまったく理解していない昭恵夫人。

あまりにも空気が読めない性格に、ツイッターでは昭恵夫人に対し何か病気でもあるのでは?という声があがっていました。

 

また病気ではありませんが具体名をあげて発達障害(=特性)でもあるのでは?という声も多く見られました。

 

発達障害といえば記憶に新しいところでは、チュートリアル徳井義実さんが所得隠しが発覚した時も「発達障害では?」という声があがっていましたよね。

もちろん空気が読めない人や課題をこなせない人のすべてが発達障害というわけではないと思いますが、世間の率直なイメージとして発達障害というものがあるようです。

発達障害には種類があり、症状をあわせ持つ人も多いと言います。

本当に昭恵夫人は発達障害に当てはまるのでしょうか?
調べてみました。

以下は発達障害の種類を図にしたものです。(出典:政府広報オンライン

安倍昭恵は病気?大分旅行は発達障害やADHDの症状?【文春】

安倍昭恵夫人と照らし合わせてみます。

自閉症は言葉の発達に問題はなさそうなので違う
アスペルガー症候群は芸能人と3月下旬に花見やったり対人やコミュニケーションに問題なさそうなので違う
学習障害も大学院まで出ているので問題ないはず

となると残る注意欠陥多動性障害(以下ADHD)の可能性があるかもしれません。

ADHDの中でもさらに分類があるようで、以下のように分かれると言います。(参考:Medical Note

不注意優勢型…ケアレスミスが多い、約束を忘れてしまうなど不注意が多いタイプ
多動・衝動性優勢型…じっとすることができない、失言をするなど、多動性や衝動性から起こる症状のタイプ
混合型…上記が合わさったタイプ

大人のADHDの場合、不注意優勢型の人が多いと言います。

でも上記の説明を読む限りは、昭恵夫人は多動・衝動性の方が強い印象でした。

また多動・衝動性による行動として、

・失言をしてしまう
衝動的に動いてしまう(衝動買い、独断で重要事項を決めてしまうなど)
・そわそわしている、体を小刻みに揺らす(貧乏ゆすりなど)

などがあげられているようです。

その特性ゆえに今回の大分旅行は衝動的に予約を入れてしまったのでしょうか。

もし自分が安倍首相だったとしたら、国民に「自らの身を守る行動を」なんて呼びかけた翌日、嫁が旅行に行くなんて知っていたらきっと中止させたと思います。

でも特徴に独断で重要事項を決めてしまうと書かれているのを見ると、昭恵夫人は安倍晋三首相に相談もなく旅行予定を入れて報告もしなかった可能性もありそうですね。

ADHDには空気が読めないという症状がある人もいるようです。(出典:kaien

安倍昭恵夫人は病気?大分旅行は発達障害やADHDの症状のせい?

こうして見ていくと、確かに昭恵夫人は発達障害の症状に当てはまる点があることが分かりました。

ただしあくまでもネット上にある情報と当てはめてみただけで、昭恵夫人が発達障害と診断されたわけではありません。

また発達障害といっても症状は人によってさまざまであり、発達障害=昭恵夫人のような人ということや、この状況下で自粛できない、空気が読めない人というわけでもありません。

発達障害の人の多くは今回の件できちんと自粛しています。

昭恵夫人は昭恵夫人なりの症状であるため、発達障害に偏見は持たないようにしないといけませんね。

スポンサーリンク

【追記4/18】安部首相は嫁の大分旅行を知ってて止めなかった!!

安倍さん、知ってましたね・・・。昭恵夫人の旅行のこと。
安部首相の言い訳は、

「(妻の旅行は)小池都知事が不要不急の外出自粛を要請した3月25日により前に行ったもの。
また、私が不要不急の外出自粛を呼び掛けたのは3月28日」

と釈明し、問題なかったと主張したそう。

安部首相の主張をまとめると、

・昭恵氏の大分旅行を事前に聞いていた
・小池都知事の外出自粛要請(3月25日)より前に行ったこと

首相の外出自粛呼びかけ(3月28日)よりも前だし問題ない
外出自粛要請後は東京都から出ていないはず
・ツアー参加ではなく参拝のみの合流
観光などは行っていない
・神社の参拝は密閉ではない
3密が重なったらダメと昭恵氏には伝えた
・参拝時にマスクを外したのはあえてのこと

といった内容になります。

意味不明、子供の言い訳レベルと思われた方も多いようです。

何が問題視されているのか安部首相はまったく分かっていないようでしたね。

今後の安部首相の支持率にも影響してきそうです。

安倍昭恵夫人の大分旅行にネットの反応

総理の嫁という立場をあまりにもわきまえない昭恵夫人の行動に、ツイッターでも怒りを通りこしてあきれや病気を疑う声が多くあがっていました。

まとめ

安倍昭恵夫人は病気なのかについてまとめました。

安倍首相のコロナ警戒宣言の翌日に大分県旅行をしていたことですが、旅行へ行った理由はなんと、「コロナで予定が全部なくなったのでどこかへ行こうと思ったため」とのこと。

「空気が読めない」症状が発達障害ぽかったので調べたところ、注意欠陥多動性障害(ADHD)の症状と当てはまる点がありました。

あくまでも個人で調べてADHDかもしれないと思った話ですので、参考までにとどめていただければと思います。

3月下旬には芸能人とお花見をしたという昭恵夫人。

この先もびっくり仰天な報道が飛び込んでくるかもしれませんね!!

【動画】安倍晋三のしゃべり方が舌足らずでイラつく!滑舌悪すぎの原因は?【動画】安倍晋三のしゃべり方が舌足らずでイラつく!滑舌悪すぎの原因は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です