30万支給の対象に保育士は?年金受給者や生活保護者は?【コロナ給付金】

コロナ給付金の対象者は誰でいつから?年収300万~400万でももらえる?

新型コロナウイルスに関する経済対策で、1世帯30万円の現金給付が決まりましたよね。

このニュースを聞き

「自分はもらえるの?」と心配になった方も多いと思います。

この記事ではコロナの現金給付30万の対象者が誰になるのか、また

・保育士や医師・看護師はもらえるの?
・年金受給者や生活保護者は?

といった気になる点をまとめました。

【コロナ給付金】現金給付30万円の条件や対象者は?

10万、20万と言うことがコロコロ変わったコロナ給付金ですが、4月3日時点で「1世帯当たり30万円」にようやく決定をしています。

 

詳細がこれからなのもありますが、なんともざっくりな政策ですね。

しかも当初は「すべての国民に1人あたり10万円以上の現金給付」を検討していたというので、金額こそ30万になりましたが、得なんだか損なんだか・・・。

対象者については「一定の水準まで所得が減少した世帯」と言います。

「一定の水準まで所得が減少」の定義・条件については

住民税非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯
・収入が5割程度下がるなど急減した世帯

というのが最新の情報。(4月6日早朝時点)

感染症が発生する前と比べて月収が減り、住民税の非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯などとする案が検討されています。

出典:ヤフーニュース(TBSニュース)

 

住民税非課税の世帯とは、こちらのツイート画像にあるようにかなり年収の低い家庭だと分かります。

・単身者なら年収100万円
・夫婦+子供2人の世帯なら年収255.7万

このレベルまで収入が下がらないと30万もらえないといい、「払う気ないのでは?」などの声も多く見られました。

 

申請には窓口に減収証明を提出する必要があります。

対象者が市区町村の窓口などに申請する自己申告制とし、申請時に所得が減少したことを示す資料の提出を求める。

出典:jiji.com

郵送対応ではないということで、窓口でのコロナクラスター感染も心配されますね。

スポンサーリンク

【コロナ給付金】現金給付30万円自分はもらえる?

住民税非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯
・収入が5割程度下がるなど急減した世帯

という相当ひどい状況にならない限りもらえないというコロナ給付金の30万。

減収こそしないものの休みたくても休めず働く保育士や医師、年金受給者、生活保護の人たちはやはりもらえないのでしょうか?

保育士や医師・看護師は現金給付30万もらえない?

コロナ需要でむしろ医師や看護師は仕事が増えていますよね。

またそういった方々の子供を預かる保育士も、日々コロナ感染による命の危険にさらされながら働いています。

でも4月6日朝時点での支給条件を見る限りは、やはり保育士や医師・看護師には30万の給付はされないことになるようです。

 

当然、そういった職業の方から不満が出ますよね。

 

NPO法人の藤田孝典さんはこの不公平な政策に対して、

「一律の現金給付でない場合、配布される世帯と配布されない世帯が生まれる。明らかな分断が生じる。」

もう一律の現金給付でないなら辞めてください

出典:ヤフーニュース

と語っています。

一律の現金給付でないなら辞めてください

本当にその通りですよね。

働ける働けない、減収したかしないか、だけで給付対象を決めるのはあまりにも不公平です。

政策の詳細は4月7日にも発表されるということでしたので、みんなに平等に行き渡るような案が出てくることを待ちたいと思います。

年金受給者は現金給付30万もらえるの?

年金受給者の年収は住民税非課税世帯の金額にあたるため、30万もらえるのでは?と思う方が多いようですね。

当然、身を削って働く現役世代からは不満タラタラです。

 

でも今回の政策に関しては「住民税非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯」であり、元々落ち込んでいる世帯ではないため支給されないのでは?と思います。

年金受給者は、収入面でいえばコロナによる影響は少ないはずなので、その辺も考慮した政策になることを願います。

生活保護の人は現金給付30万もらえない?

生活保護の人にも30万支給されると思う方が多いようです。

 

こちらも「住民税非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯」ではなく、元々落ち込んでいる世帯のため支給されないのでは?と思います。

スポンサーリンク

30万支給の対象に保育士は?年金受給者や生活保護者は?まとめ

新型コロナウイルスに関する経済対策が1世帯30万円の現金給付と決まりました。

ただし給付対象・条件は、

住民税非課税世帯の水準まで落ち込んだ世帯
・収入が5割程度下がるなど急減した世帯

と何ともあいまいなもの。(4月6日早朝時点)

減収こそしないものの、コロナの危険にさらされながら働く保育士や医師・看護師からしたら、何も給付されないなんてものすごい不公平ですよね。

一方で住民税非課税世帯の年金受給者や生活保護受給者に30万支給されたら単なるボーナスです。

コロナで不便をしているのは全国民が一緒のこと。

誰もが納得いくような平等な案が決まることを望みます。

詳細発表は4月7日とのことで、今後も目がはなせませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です