大井競馬場の馬脱走(逃走)現場はどこ?衝突事故で馬や人のケガ被害は?

大井競馬場の馬脱走現場はどこ?衝突事故で馬や人のケガ被害は?

2020年5月25日、東京都品川区の大井競馬場から馬が脱走し、近くの交差点で車とぶつかる衝突事故がありました。

現場の場所はどこだったのでしょうか?

また、逃走した時の状況や、馬や人のケガや被害状況についてまとめました。

大井競馬場の馬が脱走し衝突事故のニュース

大井競馬場の馬が脱走したのは2020年5月25日の午前11時頃のことです。

馬は約15分後に大井競馬場から約1.3キロ離れた品川区東大井1丁目の交差点付近でワゴン車と衝突する事故を起こしています。

スポンサーリンク

大井競馬場の馬脱走、衝突事故現場はどこ?

逃走した馬が衝突事故を起こした場所は、品川区東大井の八潮橋交差点です。

スポンサーリンク

【動画】大井競馬場の馬が脱走した経緯

馬が逃走した経緯については、

・大井競馬場の敷地内で牧草を食べていたところ、突然走って逃げ出した
・誘導馬の運動をしていたが、そこで暴れて放馬した
・場内を歩行中に物音に驚き、担当者の手綱を振り切って脱走

などニュースによって複数説があるようですが、高さ1メートル60センチほどある柵を跳び越えて敷地の外に出たということです。

すごいジャンプ力ですね!

馬の逃走を目撃した人の証言によると、

「赤茶色の馬が、路側帯を車と並行して30キロから40キロのスピードで走って行きました。
一瞬だったので、あっという間でした。初めて見たのでびっくりしました」

とのことです。

それは驚いたでしょうね!きっと二度見か三度見したはずです。

近くの防犯カメラには、馬が車や自転車に混じって車道の左端を走る姿も記録されていたようです。

大井競馬場の馬脱走による被害状況は?

大惨事には至らなかったものの、少なからずの被害は発生しているようです。

馬は流血のけが、殺処分が危ぶまれる!?

八潮橋交差点で直進していたワゴン車にぶつかったという馬は、血を流して倒れ込んだといいます。

交差点に血痕が・・・。

歩道に移動した後も、馬の下に赤い血のようなものが少し見えます。

 

馬の容態については関係者のブログで、命に別状なしとのことです。

そして、セイントメモリーも怪我をし、大井競馬場へ帰り治療を行ったそうです。

夕方、大井競馬に容体を確認した際には、命に別状はないとのことでした。

出典:南関魂なんかんだましい

 

事故にあった馬はおすのセイントメモリー号で、現役時代は逃げ馬だったそうです。

大井競馬場の馬脱走はセイントメモリー号 2020年5月

逃げ馬とは?
逃げ馬とは、レース開始直後から先頭に立ちレースを引っ張る馬のこと。

気が強く他の馬より前に出たがる馬や、逆に臆病で集団の中だと力を出せない馬がこの脚質になるといいます。

競走馬がケガをすると殺処分されることが多いようで、心配する声が多くあがっていました。

だだしセイントメモリー号は、現在は競走馬をコースに先導する誘導馬です。

誘導馬のケガも殺処分になってしまうのか・・・一命はとりとめたとしても、この先が心配ですね。

ワゴン車はへこむも、車内の人にケガはなし

馬にぶつかられたワゴン車は、側面がけっこうへこんでいます。

衝撃の強さが伝わりますね。

車に乗っていた人にケガはないという報道もありましたが、運転手が負傷という情報もあるようです。

大井競馬場の馬脱走による被害状況は?ケガ人など

出典:東京シティ競馬

あれだけ車がへこむ勢いで突っ込まれたら、軽傷ぐらいおってもおかしくないですよね。

放馬事故とは聞きなれない言葉です。

競馬場の警備員が軽いけが

馬が競馬場から逃走する際、警備員がこめかみを切る軽いけがをしたようです。

25日は場内を歩行中に物音に驚き、担当者の手綱を振り切って脱走。

高さ約1.6メートルの金属製の門を跳び越え、場外に逃げた。

跳び越えた際に門が大きく揺れ、接触した警備員がこめかみを切る軽いけがをした。

出典:共同通信

ネットの反応

逃走した馬が東京の道路を走るという驚きの事態。

一歩間違えれば大惨事になりかねないところでしたが、さいわい人も馬も命に別状はなく一安心です。

ただし馬はケガをすると殺処分という恐ろしい情報も・・・。

せっかく生きながらえたセイントメモリー号の命が、どうか無駄になりませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です