清野とおるは引退した?素顔がイケメンなのにマスクなのはトゥレット障害?

清野とおるは引退した?素顔の顔画像やマスクの理由は

2019年に壇蜜さんと結婚したことで一躍有名になった清野とおるさん。

清野さんは漫画家で、代表作の一つ『東京都北区赤羽』は20万部以上も売り上げているのですが、清野とおると検索すると「引退」の文字が出てくるんですよね。

何か引退の裏事情でもあったのでしょうか。

また清野とおるさんていつもマスクをしているのも気になります。
マスクを取った素顔がイケメンというウワサもありますが本当なのでしょうか。

この記事では

・清野とおるさん引退の真相
・清野とおるさんのマスクを取った素顔の顔画像
・清野とおるさんがいつもマスクをしている理由

について、プロフィールもあわせてまとめました。

清野とおるのプロフィール

清野とおるのプロフィール

画像出典:毎日新聞

本名:清野 通(せいの とおる)
生年月日:1980年3月24日(2019年11月時点で39歳)
出身地:東京都板橋区志村
出身校:
1986年、板橋区立志村第四小学校入学
1992年、板橋区立志村第二中学校入学
1995年、成立高等学校入学
大学は不明
職業:漫画家
代表作:『青春ヒヒヒ』『ハラハラドキドキ』『東京都北区赤羽』など

小学生時代、実家に同居していた伯父が漫画家で、絵を描いてもらったり、漫画の描き方を教えてもらった清野さん。

中学時代はに1960年代のホラー漫画に感銘を受けたそう。

そして高校時代から漫画の投稿を始めた清野さん。
当初は漫画家になろうという強い意思があったわけではなく、賞金が欲しかっただけという完全お金目的の投稿でした。

無事1番下の賞を取ることができ、賞金&担当編集者までついた清野さん。

1998年、高校3年生で漫画家デビューし『ヤングマガジン増刊青BUTA』(講談社)にて『アニキの季節』が掲載されます。

とここまで聞くとかなり順調な漫画家人生に見えますが、デビューしてからしばらくは苦難の連続でした。

そして引退のうわさがささやかれてしまいます。

スポンサーリンク

清野とおる「引退」の真相とは!?

結論から申しますと清野とおるさんは引退しておりません。
ただ引退同然のまったく活躍できない期間が数年あったため、世間から引退したのか?とささやかれていたようです。

清野とおるさんの不遇な漫画家人生を時系列にしてみるとなかなか壮絶です。

・1998年、講談社『ヤングマガジン増刊青BUTA』掲載の「アニキの季節」漫画家デビュー

 

・講談社『ヤングマガジン』では売れず集英社『週刊ヤングジャンプ』に移籍

 

・2001年「青春ヒヒヒ」、2002年「ハラハラドキドキ」を連載するも半年で打ち切られる

 

・2003年冬「連載を失って実家にいるのが、いたたまれなくなった」という理由から板橋区志村の実家を出て隣町の北区赤羽に引越し一人暮らしを始める

 

・2006年集英社との専属契約が切れる

 

・他社に持ち込みを行うも「ゴミクズ同然の扱い」で漫画と人格を否定され続ける

 

・小学館の編集者に見出されるも作品がボツが続き

 

・漫画家を続けていく自信を失う

 

・それでも自分の作風を模索するスランプの時代

 

・小学館『週刊ヤングサンデー』を中心に不条理ギャグ短編を発表するも同誌の休刊により無収入

 

・不本意なアルバイト生活をしながら『東京都北区赤羽』の原型となる漫画を出版社に持ち込む→全てボツで本気で漫画家を諦めかける

 

・2008年、それでもめげずに個人ブログに赤羽ネタを連日のように綴り一部で話題に

清野とおるに復帰の兆し!?引退は回避!

個人ブログに上げていた赤羽をネタにしたエッセイ漫画が2008年秋、Bbmfマガジン編集者目に留まります。

そして2008年12月から『ケータイまんが王国』にて『東京都北区赤羽』の連載が始まります。

この『東京都北区赤羽』がヒットし、20万部以上を売り上げ「赤羽では『ONE PIECE』より売れている漫画」として有名になりました。

現在は漫画の他、雑誌の挿絵担当をしたりと活躍している清野とおるさん。

2001年の漫画が打ち切りになった頃から2008年末の『東京都北区赤羽』の連載までは目立った活動ができなかったため引退とささやかれたのが真相でした。

あきらめない気持ちって本当に大切ですね。

スポンサーリンク

清野とおるがいつもマスクしている理由はトゥレット障害?

清野とおるさんはバラエティー番組の出演や、インタビューなどで時々顔出ししています。
でもどの写真も必ずマスクをしているんですよね。

清野とおるがいつもマスクしている理由はトゥレット障害?2

画像出典:ライブドアニュース

 

さけるチーズのニオイを嗅ぐ時ですらこの通り。

清野とおるがいつもマスクしている理由はトゥレット障害?

画像出典:ダ・ヴィンチニュース

 

こんなにもマスクをはずさない理由は何だろう?と調べてみると、清野とおるさんには「人に口の粘膜を見られたくない」という強いこだわりがあるそうです。

「笑ってから普通の口に戻るまでの過程を見られるのがスゴく嫌なんです。」と過去に出演した「アウトデラックス」で語った清野とおるさん。

清野とおるがいつもマスクしている理由はトゥレット障害?3

他にもマスクの下は「恥部」などと語っており、口内に対する異常なまでの嫌悪感のようなものが感じられます。

この原因として考えられるのが清野さんの持病である「トゥレット障害」

どんな病気かと「トゥレット障害」を調べると、日本では発達障害に含まれ、本人の意志に反して以下のような発作を繰り返す障害だそうです。

突然けいれんしたように体が動く「運動性チック」、
声を出してしまう「音声チック」。
これら複数のチック症が、1年以上続くものを「トゥレット症候群」と呼ぶ。

出典:NHKバリバラ

NHKバリバラの画像の男性もマスクしています。
意に反した言動を少しでも隠せるような安心感があるのでしょうか。

ちなみに清野さん、普段はマスクをしていないそうです。

清野とおるの素顔はイケメン?顔画像

かたくなに素顔をさらさない清野とおるさんですが、過去に1度だけ素顔をみせたことがあるそうです。
その画像がこちら。
清野とおるの素顔がイケメン

林家ペーパー子さんのブログの中で、意に反して素顔をさらされてしまったよう。

本人は嫌かもしれませんが、こんなにイケメンではありませんか!
ちょっともったいないくらいです。

マスクのイメージが強すぎて素顔の清野さんがいても気付かない人も多いかもしれませんね!

清野とおるの引退や素顔、マスクについてまとめ

清野とおると検索すると「引退」の文字が出てくる清野さん。
今でこそ『東京都北区赤羽』で有名ですが、そこに至るまでは苦労の連続だったことが分かりました。

また清野とおるさんが常にマスクでメディア露出しているのは、「人に口の粘膜を見られたくない」という強いこだわりがあるからでした。

たった1枚だけ晒された素顔の写真が普通にイケメンなのでもったいない気もしましたね!

幼少期は虐待まがいの保育園へ通園していたといい、これまで39年間、壮絶な人生を歩んできた清野とおる。
壇蜜さんと結婚し、おだやかに暮らせるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です