ソウル市長は暗殺?朴元淳の死因は自殺でない?北朝鮮や新興宗教の陰謀か

ソウル市長は暗殺?朴元淳の死因は自殺でない?北朝鮮や新興宗教の陰謀か

2020年7月10日深夜、韓国のソウル市長、朴元淳(パク・ウォンスン)さんが遺体で発見されました。

朴元淳さんは、9日午前に公邸を出た後行方が分からなくなっていたといいます。

朴市長の娘によると「遺言のような言葉を残して家を出た」といい、自殺の可能性がある一方、ネット上では「暗殺では?」という声も多くあがっているようです。

ソウル市長の朴元淳(パク・ウォンスン)が遺体で発見の報道!発見場所はどこ?

朴元淳(パク・ウォンスン)市長が死亡したニュース記事は以下になります。

朴市長は7月9日の午前10時44分ごろ、鍾路区の市長公邸を出たことを確認。

その後の足取りは確認されていなく、携帯電話の位置情報も途切れていた状態でした。

朴市長の娘が9日午後5時すぎ、「4~5時間前に父親が遺言のような言葉を残して家を出た。」と警察に通報。

翌10日の午前0時すぎ、青瓦台(大統領府)近くの北岳山一帯を捜索していた警察が、北側の粛靖門付近で遺体となった朴市長を発見しています。

スポンサーリンク

ソウル市長、朴元淳の死因はセクハラ訴えを苦にした自殺?

遺言のような言葉を残して出て行った朴元淳市長。

実は元秘書が最近、セクハラを訴え出ていたとも報道されています。

ソウル市長秘書室に勤務していた元秘書の女性が最近、朴氏からセクハラを受けたと警察に訴え出ていた。

警察は朴氏からの聴取も検討していたという。

今後、警察からの聴取もされる予定で、そういった苦痛による自殺だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ソウル市長、朴元淳自殺にネット上では暗殺説も!?

セクハラ告訴を苦に自殺したように報じられている朴元淳市長。

しかしネット上では朴元淳市長は暗殺されたのでは?という声が多くあがっていました。

ソウル市長、朴元淳の暗殺理由は北朝鮮のビラ配り?新興宗教?

まだ暗殺と決まったわけではありませんが、朴元淳市長が暗殺と言われる理由に

・北朝鮮の報復
・新興宗教告発の報復

などが考えられているようです。

韓国の脱北者団体などが金正恩体制を批判するビラを風船でまくという行為。

以前から問題になっており、2020年現在もビラばら撒き活動は続けられています。

たかだかビラという気もしますが、大量のビラ投下は車が壊れるほどの破壊力があり、北側はかなり恐れているのだとか。

しかし、朴元淳市長はビラ配りを「こうした平和を破壊する行為は今すぐ中断すべきだ」と批判していました。

ビラ配りの責任は朴元淳市長だけのことではありませんし、それが暗殺理由にはつながるのかな?という気がします。

また朴元淳市長は、韓国の新興宗教「新天地イエス教会」が新型コロナウイルス拡大阻止に非協力的だったため感染拡大したと、宗教団体を殺人罪で告発していました。

そういったことで恨みを買ってしまい報復されたのでは?という見方もされているようですね。

ただし10日未明時点で、暗殺と確実にいえる情報はないため、参考までにしていただければと思います。

ネットの反応

朴元淳市長の死の裏に、ただならぬ闇を感じている人が多い印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です