みのもんたがしゃべらないのは認知症?寝てる画像や番組降板理由も!

みのもんたは認知症でしゃべらない?ケンミンショーで寝てる画像も!

かつてたくさんのレギュラー番組を抱えていた、みのもんたさん。

しかし2020年3月いっぱいで「秘密のケンミンSHOW」を番組降板し、ついにレギュラー番組がゼロになりました。

実質芸能界引退です。

70代半ばでおじいちゃん世代になったみのもんたさんに、世間からは認知症では?と心配する声もあがっているようです。

この記事ではみのもんたさんのケンミンショー降板理由とあわせて、

・最近しゃべらないのは認知症のせい?
・ケンミンショーなど番組収録で寝てる画像
・ネットの反応

をまとめました。

みのもんたの番組降板理由は?ケンミンショー降板は勇退でなくクビ!?

みのもんたさんは2020年1月24日に「秘密のケンミンSHOW」降板を発表しました。

降板理由は若い世代に道を譲るための勇退だといいます。

番組の制作を手掛ける読売テレビは降板の理由を、「みのさんご本人の意向もあり、後進に道を譲られ、ご勇退されることになりました」と発表した。

出典:EXCITEニュース

しかし勇退は表向きで、女性セブン2020年2月13日号では、実は制作スタッフ側からの提案で降板したことを明かしています。

「報道では、降板を自ら申し出たことになっていますが、実際は違うようです。

みのさんはこのところ収録中でもめっきり言葉数が少なくなり、時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました。

彼は番組にとって大事な功労者ですが、このまま続けるのがお互いにとってよいことなのか、熟慮を重ねた制作スタッフ側から降板を提案したところ、受け入れてもらったというのが実情のようです」(日本テレビ関係者)

降板は、局側からの提案だったのか。
真相をみの本人に聞いてみた。

すると、「それはもう、去年の話なんだけどね」とすんなり肯定

出典:女性セブン

ケンミンショーは生放送でない分編集はききますが、番組中に寝てしまうのはマズイですよね・・・。

ちょっと言い方悪くするとクビに近い形での降板になったようです。

スポンサーリンク

みのもんたがしゃべらないのは認知症?「会話についていけない」

みのもんたさんは女性セブンの取材でケンミンショー降板について、「会話のテンポについていけない」といったことを話していました。

「お話をいただいたタイミングで、自分からもスタッフにここ数年思っていたことを話したの。
だから両方からかな。

自分が今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていて…もうすぐ喜寿(77才)だから…」

出典:女性セブン

この報道を見て、みのさん認知症では?と思った方が少なからずいたようです。

 

別のニュースサイトでは「ケンミンショーで置物状態」なんて書かれていたみのもんたさん。

実際そんなにしゃべらないの?と気になって降板発表後初の2020年1月30日ケンミンショーを見てみました。

動画はご用意できなかったのですが、こちらはその時の画像です。

ご当地グルメを試食した時の「こりゃあうまい!」といった感想に関しては、想像以上にしゃっきりしゃべってたいた印象。

笑顔もこの通り見られました。

しかしゲストとの会話の主導権はほぼ久本雅美さん

元々ケンミンショーはVTRが多い番組というのもありますが、みのさんの活躍シーンはほとんどない状態でした。

「会話のテンポについていけない」話を読んだ後でケンミンショーを見たら、みのさん認知症!?と心配する人が出てくるのも少しうなずけます。

老化とともにちょっとした単語が出づらくはなったりしますが、普通の会話のスピードが厳しいのはちょっと心配ですよね。

厳密には認知症は単なる物忘れとは違って、自分の経験したことすら記憶がなくなってしまう状態だそうです。

認知症と物忘れの違い

物忘れはきっかけがあれば思い出せるのに対し、認知症はきっかけがあっても思い出せないこと。

・物忘れ:何を食べたか思い出せない
・認知症:食事をしたこと自体を思い出せない

参考:メディカルノート

みのさんが認知症かまでは判断できませんが、言葉が出てこなかったり、会話の理解が追いつかないのは物忘れがひどい状態なのかもしれません。

どちらにせよ、司会者が会話のテンポについていけないのは致命的ですよね。

みのさんは、降板発表後初の2020年1月30日ケンミンショーの放送では、降板に関してのコメントは一切しませんでした。

スポンサーリンク

みのもんたが番組収録で寝てるのは認知症が原因?【画像】

みのもんたさんが番組の収録中寝るという話は以前からあるようです。

2020年1月30日のケンミンショーでも実際寝ているような姿は時々見られました。

みのもんたケンミンショーで寝てる?画像

まるで晴れた日の縁側でうたたねをしているおじいちゃんのようなポーズ。

この回を見る限りはこれはポーズで、私には本当に寝てるようには思えませんでした。

こちらは別の番組ですが、同じ腕組ポーズでうつむいた姿。(右写真)

画像をお借りして大きくしますと、…やはり眠っているように見えます。

みのもんた収録で寝てる

実際寝ていたのかは分かりませんが、数々の番組でこのポーズをしていたようなので、その中のいくつかは本当に寝ていたかもしれませんね。

ちなみにこういったうとうとした状態は「傾眠傾向」という意識障害の一種だそうです。

浅く眠っている状態で、軽い刺激で意識を取り戻し、呼びかけにも反応しますが、そのまま放置しているとまた眠ってしまうといいます。

その傾眠の原因の一つとして認知症があるようです。

認知症の初期症状である「無気力状態」から、傾眠状態に陥ることもあります。

出典:イリーゼ

みのさんがこの傾眠状態だったのかは分かりませんが、妙に納得してしまうものがありました。

ネットの反応

まとめ

「秘密のケンミンSHOW」の降板を発表したみのもんたさんに認知症を心配する声が・・・!

ケンミンショー降板理由は勇退と言われていましたが、実際はみのさんが会話のテンポについていけなくなったことが原因とのことでした。

みのさんが認知症なのかただの物忘れなのかははっきりしませんが、老いが進行したことには間違いなさそうです。

子供は1年でめまぐるしく成長しますが、70代後半にとっての1年も人によってはめまぐるしい変化が出るもの。

朝ズバ時代のしゃっきりしたみのさんをよく見ていた私としては、ズバッとトークが見れなくなるのはさみしいものです。

引退はさみしいですが、これまで駆け抜けてきたみのさん。

今後はゆっくり休んでいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です